相続相談とトラブル


遺産相続に於けるトラブルは、遺産の多さに比例して増えていくことが多いです。特に、日頃はとても仲が良かったはずの血縁者間であっても、こうしたトラブルは頻繁に起こり得る話で、故人が生前に残していた財産が大小に関わらず、関心の薄さや認識不足によって、遺産相続のトラブルが深刻化してしまうケースも少なくありません。

介護遺産相続のトラブルとして比較的多いのが、故人と同居しており亡くなる間際まで介護を行ってきた、あるいは長男だからといった理由で財産を独り占めにしようとするケースでは、兄弟姉妹関係を悪化させることは間違いありません。また、故人が残した生命保険などの問題で、受取人が被相続人であった場合は遺産相続となりますが、受取人が被相続人でない場合は、故人の財産として該当しないため相続財産とはなりません。生命保険の問題は、誰が受取人であるかによっても対応が変わり、特別受益とみなされないパターンも存在します。

近年の我が国では、超高齢化社会が様々な社会問題を呼び起こしていますが、遺産相続もその一つで、認知症問題などで判断能力が欠けているため、遺産分割を行いたいが難しいといったパターンもあります。また、相続人の中に青年がいる場合、相続人の中に長年連絡の取れない人物がいる場合、故人の財産と共に多額の負債を抱えている、分割協議終了後に新たに遺書が出てきた場合、個人の遺産に不動産しかない場合、遺書の内容が不満などとトラブルの元は思っているよりも多く、こうした相続相談も多いです。

相続に最適な相談相手

Comments have been closed/disabled for this content.