電卓相続の専門家として、税理士や弁護士、司法書士、行政書士などの資格者が代表されますが、同じ相続問題に携わった職業であっても、その専門性は微妙に異なっています。まず弁護士ですが、法律の専門家ということもあり、日頃から調停や裁判、交渉などに従事しており、特に紛争の調停や訴訟は弁護士の専門分野と言えるでしょう。また、遺言執行などで代理人業務にも携わることも多く、相続トラブルや代理人相続執行などに強みを持っています。

司法書士は、弁護士に代わり140万円以下の事案であれば法律代理執行ができます。特に、土地や建物などの不動産物件は、業務として対応できる司法書士ならではの専門性ですので、こうした不動産の相続登記に関する手続きは、司法書士が正しい選択となってきます。

行政書士は書類作成の専門家で、遺言書や遺産分割協議書などの作成に専門性を持っています。また、預金や株などの名義変更手続きや、相続調査なども行うことができます。税理士は、税金やお金に関するスペシャリストですが、親からの相続する株式や預貯金が600万円を超えた場合、相続税の申告が必要になりますので、多額の遺産の相続する場合は、その専門性をみても税理士に依頼するのが正しい選択です。

 

相続税申告の方法

相続問題については、様々なケースも熟慮してた相続の専門家に相談するのが一番良い方法と言えるでしょう。しかし、あまり相続ばかりに気をとられてしまうと、足をすくわれてしまう可能性がありますので、税金対策についてもしっかりと検討しなければなりません。税金対策と言えば、税理士の分野ですが、その専門性以外にも幅広く相続問題に重力を尽くしてくれます。

遺産相続と相続税の問題は、被相続人が生前にある程度の資産を持っている場合に起こりうるケースで、遺産相続を受けたからと言って、すべての相続人に相続税が課税されるわけではありません。この相続税には、基本となる基礎控除額が設定されており、その額を超えることがなければ特に問題はありません。

また、遺産総額には不動産や株券などの財産も含まれ、故人の負債額や葬式代はその総額から差し引くことができます。問題となってくるのは、遺産に不動産が含まれる場合で、不動産は即座に売却できるものではありませんので、相続税が予想される場合早急に対処したいものです。仮に支払いが難しい場合、延納や物納などの手段もありますので、専門家である税理士との相談のうえ、相続税問題に対処していくといいでしょう。


遺産相続に於けるトラブルは、遺産の多さに比例して増えていくことが多いです。特に、日頃はとても仲が良かったはずの血縁者間であっても、こうしたトラブルは頻繁に起こり得る話で、故人が生前に残していた財産が大小に関わらず、関心の薄さや認識不足によって、遺産相続のトラブルが深刻化してしまうケースも少なくありません。

介護遺産相続のトラブルとして比較的多いのが、故人と同居しており亡くなる間際まで介護を行ってきた、あるいは長男だからといった理由で財産を独り占めにしようとするケースでは、兄弟姉妹関係を悪化させることは間違いありません。また、故人が残した生命保険などの問題で、受取人が被相続人であった場合は遺産相続となりますが、受取人が被相続人でない場合は、故人の財産として該当しないため相続財産とはなりません。生命保険の問題は、誰が受取人であるかによっても対応が変わり、特別受益とみなされないパターンも存在します。

近年の我が国では、超高齢化社会が様々な社会問題を呼び起こしていますが、遺産相続もその一つで、認知症問題などで判断能力が欠けているため、遺産分割を行いたいが難しいといったパターンもあります。また、相続人の中に青年がいる場合、相続人の中に長年連絡の取れない人物がいる場合、故人の財産と共に多額の負債を抱えている、分割協議終了後に新たに遺書が出てきた場合、個人の遺産に不動産しかない場合、遺書の内容が不満などとトラブルの元は思っているよりも多く、こうした相続相談も多いです。

相続に最適な相談相手